Vol,19 全国最新情報!高齢者住宅参入のメソッド

JYUKU019

Vol,19 全国最新情報!高齢者住宅参入のメソッド  (JYUKU019)

定価(税込)
¥15,000
販売価格(税込)
¥8,300
在庫状態 : 在庫僅少

(試視聴動画:5分49秒)

現在の日本の空室率は20%を超えていると言われています。

しかも、その20%は平均であり、経済が疲弊しつつある地方に行けば行くほど高いのが現実です。そのせいか、地方では新築物件でもなかなか満室になりません。また、老朽化した物件は、内見者さえ現れない物件も珍しくありません。よほどロケーションが良い物件や差別化された物件、また、家賃がベラボウに安い物件でない限り、なかなか満室になりません。これからは、間取りが同じような物件であっても、ますます勝ち負けが明確になるでしょう。

いったい、これから地方の大家さんはどうすれば良いのでしょうか?

地方では、過酷な入居者獲得戦国時代が始まるのは必定です。

そんな厳しい競争業界では、借金がない大家さんが有利であるのは間違いありません。その理由は、家賃を下げるという戦略に出ることができるからです。しかし、多額の借金を背負って経営している大家さんは大変です。価格競争に巻き込まれれば借金の返済ができなくなるからです。

商売の基本は数量×単価です。

これからの地方でのアパマン経営は、入居者という数量は激減していきます。その理由は、アパートやマンションの入居者ターゲットである層が、仕事を求めて首都圏へ人口移動が始まるからです。
また、今まで都会から地方へ予算配分されてきた地方交付税などのお金も、国家財政の悪化からこれからは減少することが予想されます。それにより、地方公務員の人たちの消費意欲はますます減退し、さらに地方経済は疲弊していくのは間違いのない事実です。
その結果、地方でいるアパート・マンション入居者の所得は減少します。そして、毎月必ずかかる家賃を抑制したいという心理が顕在化し、数量の減少と単価の下落が同時に起こり、大家さんのアパマン経営を根底から揺さぶります。このように考えると、よほど特徴のない物件でない限り、今までのように入居者を獲得することはできそうもありません。これが地方で大家業を営む人の現実です。

このように、これから将来に向けて地方の大家さんを取り巻く環境は、決してバラ色の未来ではありません。

地方でもうまくいく賃貸経営はないのでしょうか?

つい先日、弊社へ、インターネットを通じて中古物件の問い合わせが続きました。どの方も都会暮らしを続けてきた団塊の世代の人たちで、定年を機に徳島へ移り住もうと考えているのです。その理由をお聞きすると、 「便利でにぎやかな都会暮らしを捨てて、生まれ育った徳島へ帰ってのんびりと余生をおくろう」 と考えているのです。

また、次のような興味深い数字もあります。
人口あたりの高齢者施設整備率全国第2位という徳島県でも、大人気の特別養護老人ホームの待機者が2000人もいるというのです。この現実は介護保険制度の影で見え隠れしている大きな社会問題です。しかし、これからは国や地方自治体の財政難という理由もあり、なかなか公的な施設は開設できなくなっているのが現状です。

★★★、ということは・・・?

それは、行き場のない高齢者の単身世帯者に、空室で困っている大家さんの物件に入居してもらえば良いのです。

確かに、今までの賃貸住宅市場において、高齢の入居者は敬遠されてきました。また、既存の不動産業者さんは高齢入居者のリストを持っていないのも事実です。さらに、複雑怪奇ともいえる介護保険という問題もあるでしょう。
しかし、それらをすべてシステムとしてクリアできる革新的とも言える方法があるとしたら・・・!このセミナーDVDでは、高齢者を入居者として囲い込むシステムについて、全国の先進事例を交えてご紹介いたします。

それでは、この夢のようなシステムで企画する物件に入居する人たちの喜びの声をお聞きください。

●気楽に暮らせることが何よりの魅力です。
何よりも時間を自由に使えること、誰にも気兼ねしないでいいことが魅力だと感じています。好きな時に外へ出て散歩をしたり、部屋でテレビを見たり、昼寝をしたりと、自分のペースで生活ができます。また、食堂に行けば、他の入居者が居ますので、話し相手には事欠きません。老人ホームとも病院とも違うので、自由でいいですよ。
T.Nさん(71歳)/平成21年1月入居

●食事付きでムダがない!余暇を楽しんでいます。
一人暮らしですと、食料が余ったりとムダが出ますよね?安寿の郷は、栄養管理された食事サービスを選べることも嬉しいです。それと、食事は部屋に持って帰ってもよく、食堂で他の入居者と一緒に食べてもいいんですよ。私は読書が好きなので、個室でゆっくり過ごしています。安心して過ごせるここは、心のオアシスです。
K.Iさん(60歳)/平成20年11月入居

●親切なケアマネージャーがいるので安心です。

入居者の相談役ケアマネージャーがいつも側にいてくれる事が大きな魅力です。日々の生活について、いろいろ相談でき、またお医者様や看護婦さんがいるのも健康面で安心ですね。部屋は、プライバシーも守られる個室タイプで明るく、風通しもよく快適です。自分のペースで自由に生活できることに、とても満足しています。
Y.Kさん(84歳)/平成21年1月入居

いかがでしょうか・・・?

行き場のない単身高齢者。空室で困っている大家さん。この二つをうまくマッチングできる方法があれば、あなたのアパート・マンション経営はうまくいくかもしれません。

(ご注意下さい!) このセミナーDVDは学習用のライブを撮影の素人が汎用機を使い収録したものです。本格的なスタジオでプロが収録した鑑賞用をご購入希望の方は、ご期待を裏切る可能性がございますのでご了承下さい。

 ↓ ご購入は今スグ下記から ↓

(動画DVD約90分 × 1 本)

数量
JYUKU019 JYUKU019 JYUKU019 JYUKU019 JYUKU019 JYUKU019 JYUKU019
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木内 淑規(きのうち としのり)

木内 淑規(きのうち としのり)代表取締役

投稿者プロフィール

インターネット書店アマゾン アパート・ビル経営部門ランキング1位「賃貸サバイバル時代に勝ち残る 地域一番「オンリーワン物件」の作り方(ソフトバンク・クリエイティブ社)」の著者。2005年、賃貸経営や空室対策、土地活用、相続税対策などのコンサルティングを主業務とする(有)ウェルライフ徳島を設立。現在、全国のクライアントの個別コンサルティングや土地活用スキーム構築の為の全国行脚を展開中。家族は4歳年下の妻と一女二男と愛犬一匹。1962年寅年生まれ。徳島県在住。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

RSS 木内淑規の一生青春!一生青春!

ピックアップ記事

  1. 2013-9-14

    Vol,27なぜ、高所得者は戸建賃貸経営を始めるのか・・・?

    今、不動産投資が活況です。 日経新聞には毎日のように不動産投資セミナーの告知が行われ、相続対策…
  2. 2012-10-17

    Vol,26 カリスマおばちゃん大家 鈴木ゆり子が戸建賃貸に投資する本当の理由!

    (視聴動画:2分39秒) カリスマおばちゃん大家 鈴木ゆり子先生 徳島上陸! このセミナ…
  3. 2011-6-25

    Vol,24 臆病者が実践する!地方での不動産投資究極のメソッド

    (試視聴動画:3分41秒) 地方で成功する不動産投資手法の考え方やメソッドを公開します! …

木内淑規 公式メルマガ

公式メールマガジン
どこにも紹介されていないマメ知識や最新ノウハウが満載のコラムを、毎週お送りする無料メールマガジンです。セミナーやキャンペーン開催など最新情報もいち早くお届けします!! >>詳しくはコチラ
お名前

メールアドレス



教材ナビゲーター

無料教材
空室対策
土地活用
不動産投資
賃貸経営
節税・相続税対策
KINOUCHI TOSHINORI TV

おススメ本

ページ上部へ戻る