太陽光発電設備の制度改正


太陽光発電の20年間固定買取制度の設備認定が、来年度からさらに厳格化されます。
三年前の@42円/kWから@38円/kW、@34円/kW、さらに来年度は@28円/kWと大幅な引下げです。
初年度の@42円/kWはかなり高額。その価格で設備認定を取得し、現在の下落しつつある太陽光パネルの調達価格で設置できれば15%~20%の投資案件になります。
さらに、「グリーン投資減税」を使えば利益の出ている企業であれば単年度償却で、実質的に設備取得価格は1/2になるという超優遇措置・・・。
それもこの1月30日ですべて終了となります。下記にその申請実務をまとめてみました。

ポイント(1)

原則として、既に設備認定取得済みの案件に関しての買取価格は維持されます。つまり、42円・36円・32円時に経済産業省から設備認定を受けた案件の買取価格は変更されません。ただし、現行ルールで運転開始前の発電出力の変更を行う場合、以下の手続が必要です。
●50kW 未満の太陽光発電設備については、「再生可能エネルギー発電設備 電子申請サイト(http://www.fit.go.jp/)」による軽微変更届出又は変更認定申請書が1月30日(金)中に到達することが必要です。
▼(参照)資源エネルギー庁の発表をご確認ください。
http://www.fit.go.jp/contents/20141219_announce_phase_1.pdf

 

ポイント(2)

これから設備認定を受ける場合は、1月30日(金)まで設備認定申請すれば現在の買取価格32円は維持されますが、申請書類を平成27年1月30日(金)までに到達するよう提出しなければなりません。

※50kW 未満の太陽光発電設備に関しては、詳しくは資源エネルギー庁の発表をご確認ください。
▼(参照)資源エネルギー庁発表
http://www.fit.go.jp/contents/20141219_announce_phase_1.pdf

 

ニュースや新聞だけの一方的な情報を鵜呑みにせず、正しい情報は以上のとおりです。

太陽光はまだまだ買いです!例年は3月に問い合わせがピークに達しますが、今年は1月から既にピークになっています。まさに最後のチャンスです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木内 淑規(きのうち としのり)

木内 淑規(きのうち としのり)代表取締役

投稿者プロフィール

インターネット書店アマゾン アパート・ビル経営部門ランキング1位「賃貸サバイバル時代に勝ち残る 地域一番「オンリーワン物件」の作り方(ソフトバンク・クリエイティブ社)」の著者。2005年、賃貸経営や空室対策、土地活用、相続税対策などのコンサルティングを主業務とする(有)ウェルライフ徳島を設立。現在、全国のクライアントの個別コンサルティングや土地活用スキーム構築の為の全国行脚を展開中。家族は4歳年下の妻と一女二男と愛犬一匹。1962年寅年生まれ。徳島県在住。血液型O型。

この著者の最新の記事

関連記事

RSS 木内淑規の一生青春!一生青春!

ピックアップ記事

  1. 2013-9-14

    Vol,27なぜ、高所得者は戸建賃貸経営を始めるのか・・・?

    今、不動産投資が活況です。 日経新聞には毎日のように不動産投資セミナーの告知が行われ、相続対策…
  2. 2012-10-17

    Vol,26 カリスマおばちゃん大家 鈴木ゆり子が戸建賃貸に投資する本当の理由!

    (視聴動画:2分39秒) カリスマおばちゃん大家 鈴木ゆり子先生 徳島上陸! このセミナ…
  3. 2011-6-25

    Vol,24 臆病者が実践する!地方での不動産投資究極のメソッド

    (試視聴動画:3分41秒) 地方で成功する不動産投資手法の考え方やメソッドを公開します! …

木内淑規 公式メルマガ

公式メールマガジン
どこにも紹介されていないマメ知識や最新ノウハウが満載のコラムを、毎週お送りする無料メールマガジンです。セミナーやキャンペーン開催など最新情報もいち早くお届けします!! >>詳しくはコチラ
お名前

メールアドレス



教材ナビゲーター

無料教材
空室対策
土地活用
不動産投資
賃貸経営
節税・相続税対策
KINOUCHI TOSHINORI TV

おススメ本

ページ上部へ戻る